01 «  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. » 03

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

夢のしもせりんご村造り奮闘日記

家族や仲間達と1日ゆったりと過ごせる いやしの空間造り

雪の中のドッグラン 

Posted on 21:42:49

一昨日、昨日と晴れ間があって雪が溶けたにもかかわらず、昨夜雪が降って一面真っ白に。
IMG_7111.jpg
やって来たのは小型犬。
IMG_7112.jpg
雪に埋もれても頑張ってドッグランへと進むナッツ。
IMG_7121.jpg
ポメラニアンのレモンはちょっとだけ大きいけれど、お腹が仕えて動きにくそう。
IMG_7115.jpg
ナッツ、チャミ、レモンの3ワン元気だ~。
IMG_7118.jpg
防府から久しぶりに遊びに来て下さいました。
また来てね~。

△page top

寛政10年の正月料理再現 

Posted on 23:19:35

県立大学の学生が、白壁の町で有名な柳井市の豪商小田家に伝わる1798年の料理を再現したイベントに参加。
IMG_0363_20180211225521a32.jpg
雪降り続くマイホームタウンを早朝に出て柳井市の集合場所に着く。
IMG_0364_20180211225522f28.jpg
県立大学の学生と柳井市観光ボランティアの方に案内をしていただく。
IMG_0391_20180211225524791.jpg
白壁、金魚ちょうちん、おひな様で有名な柳井市だが、
IMG_0402.jpg
コスプレの写真撮影会もしていて楽しませてくれた。
IMG_0411_20180211225527f2e.jpg
明治時代に建築された山口県でさも古い銀行の建物も興味をひいた。
IMG_0455_20180211225605f92.jpg
柳井の町並みを案内していただいた後、金魚ちょうちんを最初に作成し広めた河村信男家で白壁御前を頂く。
柳井市の訪れる観光客の滞在時間をいかにして延ばすかを研究しているときに旧小田家で寛政10年の正月料理の献立を発見したことがきっかけとなった。
IMG_0460.jpg
リーダーの堤さんが料理を頂く我々に丁重に説明をしてくれる。
料理は美味しく、素晴らしいものであった。
感謝感謝。

△page top

40年ぶりの冷え込み 

Posted on 15:22:55

昨夜23時に、流しの水を少し出しておこう今夜は冷え込みそうだと思って蛇口をひねると、時すでに遅し!
厨房も洗面所も浴室まで凍みついて、水もお湯も出ない!
当然今朝も!
DSC_1105.jpg
買い物に行く時の景色は綺麗で良い、
DSC_1108.jpg
川面まで凍っている。
昨夜は-16度だったのだ、
私の覚えている限りでは40年ぶりの冷え込みだ。
午後になっても水が出ない!
近くのスーパーマーケットに行くがそこも断水状態。
山口市役所の支所なら水が出るだろうと思って「断水してるので水を20Lくませてください」と責任者にお願いすると「個人に水を分けるのは、自分では許可を出せない」と断られてしまった。
仕方なく友達の経営する自動車修理工場で分けていただいた。
「水ぐらいいつでも良いですよ、夜中でもここに蛇口があるから勝手にどうぞ」と気さくに答えてくれた。ありがたい。
しかし役所の責任者の態度、税金を払いたくない!!

△page top

こんなのあり? 

Posted on 20:27:26

昨夜も冷え込んだ。
IMG_7104.jpg

玄関のドアを開けると、愛車のフェラリーが雪に埋もれている。
2輪駆動ゆえ除雪が十分でない雪道では走れない。
IMG_7108.jpg
ロロ、カール、夢子はロケットストーブで暖を取っている。
IMG_7107.jpg
ガラス一枚隔てたマイナスの世界でピレネー犬のルネは、気持ちよさそうに寝ている。
DSC_1104.jpg
灯油を購入しに行くと、
DSC_1103.jpg
信号が雪に埋もれて判別しづらい!
これって3日前からなのだ。
事故起きませんように。

△page top

寒さゆえ 

Posted on 21:10:03

最近夜目が覚めると、蛇口をひねって水が出るかお湯も出るかチェックする癖がついてしまった。
今朝もチェック、お風呂お湯は出るけれど水出ず、洗面所も同様、厨房は健在、トイレも水が出る。
良かった~。
ところで今朝の最低気温-6.5度なり。
IMG_7102.jpg
昨日コンビニでアイス最中買っていたのを車においたままだったのを今夕思い出して見ると凍ったままだった、
凄い!

△page top

現在の閲覧者数: