06 «  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. » 08

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

夢のしもせりんご村造り奮闘日記

家族や仲間達と1日ゆったりと過ごせる いやしの空間造り

え〜そうなんだ 

Posted on 21:29:42

病室ばかりだと気が滅入るので、談話室にパソコンとiPadを持って行き仕事をしている。
パソコンでネットに接続できないのでiPadをいっしょにもってゆくのだ。
そばに2人の私よりも一回り以上年配の女性がいて自分の病気自慢?をしている😜
何となく耳に入った言葉の中に、県立大学と寺内文庫についての事があった。
私は思わず「寺内文庫について知っていらっしゃいますか?」と声をかけてしまい会話の中に入ってしまった。
ちょうど持っていた以前書いた本があったので差し上げると、たいそう喜んでいただいた。
気を良くしていると看護師が来て足の調子をたずねる。「腫れが引いたでしょう」というと「そうですね、筋肉も落ちて少し細くなっていますね」と答える。私は「体重も2kg以上落ちたんですよ」と言うと「痩せるのは最初は筋肉から痩せて、脂肪はあとからです」と答える。
が〜ん!筋肉が落ちて脂肪は落ちてないんだ‼️ 猛烈な空腹感を我慢していたのはいったい何だったんだ😓ショック😲
可能な限り手足の運動をして絶対に痩せてやると誓ったのである。
スポンサーサイト

△page top

気晴らし 

Posted on 21:30:24

食事管理のおかげで体重が2kg減少したが、しょっちゅう腹が減っている。
封書を出しにローソンに行くと、何でも良いから片っ端から食べたい思いに駆られるが、そこはブラックコーヒーで我慢の子だ😢
パソコンの調子が悪い、設計図や論文を書いている私にとっては、致命傷だ😱
ウイルスかと思ったが、どうやらタッチパネルの不良らしい。
そうであれば、保証期間ギリギリだ😊
2016072920235462a.jpeg
パソコンとにらめっこするか、病室でおとなしくする生活なので気晴らしに窓の外を見る。
初めて見る景色も良いものである、山口市にも高層マンションが増えたものだ。

△page top

一級建築士事務所の開設 

Posted on 20:55:18

平成20年に建設業を廃業してから、すでに8年がたつ。
以来何らかの形で建築には関わってきたが、表舞台からは遠ざかってきていた。
20160729202401681.jpeg
しかし今回たってのお願いを引き受けてしまい、一級建築士事務所の開設をする事になってしまった。
事務所開設には監理建築士の講習会の受講が必要なのであるが、免許証以外の書類は廃棄しているので再度受講する事になってしまった。
ま、楽しみの1つとして頑張りましょう😄。

△page top

罪な夕食 

Posted on 20:57:31

ただいま20時過ぎ。
入院して以来この時間になると腹が減る、なんでも良いから口にしたい気分。
病院の夕食は18時なので、、、、しかも少量、、、、いつもの夕食タイムには空腹感を覚えてしまう。
20160728202502a06.jpeg
ここ日赤の病院食は美味しいと思う、しかし焼鯖はいつもは塩鯖なので塩気が少なくてイマイチだ。それは良いとして、真ん中にある枝豆が美味しい、実に美味しい、せっかくなら缶ビール🍺一本つけてくれたら最高だ。
病院だから仕方ないにしろ、せっかくアルコールと離れてたのに思い出させられてしまった😓
201607282025048ba.jpeg
ここの病棟の良いところは、車椅子用のトイレがウオッシュレットなのである。
私の家はウオッシュレットなのでありがたいが、それよりも車椅子を利用する人は、身体のどこかが不自由なので重宝する。そして、身障者トイレは2m×2mで充分である、必要以上にスペースをとって物置にすることは避けるべきだ。ここはそうではないが、私のところを気をつけようと思う。

△page top

車椅子生活 

Posted on 17:03:08

車椅子での生活は、健康なものの目線と随分と違うことに気づいた。
n20160727164720b84.jpeg
病室に備え付けの洗面台と鏡、洗面台には手が届き特に不自由は感じないが、鏡は高すぎて全く使用することが出来ない。
床に鉛筆を落としたのを拾ったり、小さなゴミを拾うことはよほど慣れないと、ひっくり返りそうで怖い、とくに骨折している私は転倒すると大変だ。
談話室で、鉛筆を落としたときに離れたところにいた女性が拾ってくれて何もなかったようにしてくれたのは感動であった。
いつも出歩いている私にとって病室にじっとしているのは辛いが、最近は携帯の使用が認められているので嬉しい。
おとなしくして腫れを引かせないといけない、じっと我慢の子である。

△page top

入院2日目 

Posted on 20:06:30

昼間はあまり痛まなかった脚折れた部分が、夜10時過ぎから未明まで激しく痛む。
ロキソニンを飲むが、繰り返し襲ってくる痛みは治らない、しかしいつの間にか眠っていた。
201607261955182a6.jpeg
ギプスと包帯をしたままでも腫れた様子が少しわかる。
20160726192722554.jpeg
看護師さんが包帯をとって様子を見てくれる。
くるぶしの皮が薄く擦りむけて出血しているが酷くはない。
201607261955200ac.jpeg
やはり膝下から指先までが腫れあがっている、痛いはずだ。
その後は一日中修論を書いてお利口さんでした。

△page top

日赤病院に入院決定 

Posted on 20:10:58

朝一番に日赤病院に行って診察の結果入院が決まりました。
とくに心配なのは4ワンと、来月初めに孵化予定の孔雀。
毎日転卵をしないといけないのだが、みんなに頼んでいるので大丈夫でしょう。
松葉杖で病院内を検査のためにあちこちへと行くのは疲れるもなだと実感、そこで夕方から車椅子に乗るとちょっとしたスロープでも力が入ることがわかって、身障者への思いやりの必要な事が理解出来ました。
今日からしばらくは、勉強の毎日ですね。

△page top

かわいそうな私の足 

Posted on 16:47:18

心配していたロロは元気な様子なので取りあえず一安心。
 私は、 昨夜は少し蒸し暑いのと、足の痛みで、寝不足。
IMG_1770_201607241629567ba.jpg
 痛み止めもらっていたので、朝方飲むとしばらくして痛みも引いて眠ることが出来た。
 右足は腫れている状態。
 老人ホームに努めている親切で可愛いい女性がヘルプしてくれているので助かる。がしかし、 一生頭が上がらなくなりそうだ。
 とりあえずパソコン、アイパッド、2~3冊の本もって明日日赤に行きます。
 しばらくは闘病生活のアップになりそう。

△page top

不幸続き 

Posted on 21:19:21

 長い間かかって私のバイクのリメイクが完了した。
IMG_1746.jpg
 梅雨も明けてバイクシーズンである。
IMG_1747.jpg
 チャンバーカバーも再メッキをしてピカピカ
IMG_1750.jpg
 補助タンクも取り付けて
IMG_1751.jpg
 イタリア製のショックを取り付けて
IMG_1752.jpg
 エンジンも耐熱塗装をして乗る。
 気持ちいい、しかし暑さの為か、スロージェットの調子か、キャブレターの調子が悪い。
 そこでりんご村内を少し走り回って、、、もちろん時速20kmぐらいで、
 ロロがワンワンと言いながら並走していたが、突然にバイクの前に飛び出した、ロロを前輪で轢いてしまったので、私はバイクを右に倒して後輪で轢かないようにさけた。
 ロロは逃げてしまい私は右足がバイクの下敷きになってしまい、約150kgあるバイクをかろうじて取り除いたが、右足の方向が少し変である、そして凄く痛い。
 救急車を呼んで日赤病院へ、レントゲンの結果くるぶしの上の骨が折れてるではないか、仕事のこともあるので今日は自宅に返さしてもらって、月曜日に専門の先生の診察だ。手術をしてプレートを入れることになると入院する羽目になってしまう。困った!なんで悪いことが続くのだろうか、私の行いが悪いのだろうか、何か善行をする必要があるのかもしれない。
 幸いにもロロは元気である。

△page top

冷蔵庫改修工事 

Posted on 21:40:51

 暑い夏の始まり、
IMG_1740.jpg
 水を飲みに来たルネに、池の中からロロがこんにちわの挨拶。
IMG_1744.jpg
 カールとロロは冷たい池の水で気持ちよさそうだ。
IMG_1731.jpg
 ポムの墓前に県立大学院のA教授からスペインのワインをお供えして頂いた。あれ!ポムってワイン飲んだっけ!美味しく召し上がって頂戴な。
 バレーボールはポムがお気に入りで、いつも遊んでいたボールだ。
 左の紙を巻いたのは、颯汰が飴をポムにあげると言って作ったのだ、颯汰ありがとう。
IMG_1735.jpg
 昭和62年に作った冷蔵庫、ついに寿命。
 すぐ近くに作っていたのを、便利が良いように移設したのだ。
IMG_1736.jpg
 もとはここでバーベキューを始めたところなのだが、天井を見上げると名残があって懐かしい。
 冷蔵庫は3m×6mと広いが、売れ行きが良いと満杯になることは無い、しかし絶対に必要なのだ。
 時とともに歴史を感じる。

△page top

現在の閲覧者数: